fc2ブログ

練習しない生徒

わたしは、子供時代、ほんとに練習をしない子供でした。

レッスンの前にちょこっとやるくらい。

だからいつも親に怒られていて、怒られるたびにピアノが嫌になり、

ますます練習しなくなり、

練習しないからレッスンへ行ってもよく弾けるはずもなく、

褒められることもなくますますピアノが嫌いになる、

そんな悪循環でした。



ですから自分の子供がピアノを習うことになったとき、

例え練習しなくても絶対に怒らないようにしようと決めていました。

子供のうち、ひとりだけ、小学校5年生の終わりから、わたしと同じ先生に習い始めました。

すでに吹奏楽をしていたこともあってか、導入はスムーズだったようで、

教本のバーナムもピアノドリームもどんどん進んでいきました。

子供は進んでいくことが楽しそうで、先生のことも大好きになりました。

でも、そのうち、「ちょっと練習しただけでは弾けない」ようになってくるんですよね。



そして、昔のわたしのように「レッスンの前にちょっと練習する生徒」になっていき、いつしか、教本はなくなり、

約4年の間に、子供がやりたいという曲だけをみてもらう、今の形になっていました。

そこに至るまで、さすがにわたしは悩みました。

たとえ怒らなくても、ピアノを弾くように、色々声をかけてみたりしました。

それらはまるで効果はありませんでした。




あまりにも練習しないので、レッスンをやめるように言ったことも、一度や二度ではありません。

お金がもったいないと思ったからです。

それでも子供は断固として、

「ピアノはやめない、やめたら、先生に会えなくなるから」

そう言って、細々と続けております。





ピアノ自体は好きなようです。

発表会前になると、さすがに真面目に練習します。

今年の発表会は、モーツァルトのトルコ行進曲を弾いていました。

先生と連弾もしていました。

わたしにはない安定した拍感と舞台度胸を持ち、手のフォームに癖もない子供が心底うらやましく、

「真面目に練習したら、絶対にもっとうまくなる。今先生に基礎からきちんとみてもらわないともったいない」と何度も言ってきましたが、どこ吹く風。





練習しないといけない、練習すれば弾けるようになる、

練習しないと弾けるようにはならない、

そんなことは十分わかっているはず。

小さい子供じゃない。

ほんとの楽しいは、苦しみの先にある、

それも部活でもう十分わかってるはず。




そうこうするうちに、

「・・・こんな形があってもいいかな・・・」

そう思うようになっていきました。

だって、楽しそうなのです。

「ピアノ楽しい、ずっと先生に習う」と笑顔で言われたら、もう、十分かなあと。





賛否両論あるかもしれません。

でも、そう思うようになったのです。



















スポンサーサイト



No title

ina-kibi
2014.03.22 Sat 09:23

おはようございます!
なになに?私のこと?うちの娘のこと書いてらっしゃる??
もう、おんなじでびっくりですよ~(爆)。
私も子どものころ、レッスンに行く前に15分くらい弾くだけでした。
おかげで、先生の前ではあたかも練習してきました!風に弾かなければならなくて、初見が得意だったかも(苦笑)。
うちの母は働いていたので、ピアノのことには全く干渉せず。
今思えば、恵まれてました(爆)
ピアノを続けてらっしゃる娘さんとうちの長女はもしかして同じ年??
うちも吹部で燃え尽きて、ピアノは全然家では弾かず・・・
でも「好きだからやめない」「好きだけど、練習は嫌い」「先生が好き」
高校に入っても、続けるつもりでいるようです。
ピアノ好きの親ですもの、「すき」といわれたら「やめろ」なんていいせんしね・・・(笑)
でも、不真面目な私も、さすがに中・高の頃は家で譜読みをしていかないとレッスンが進まないし、新しい曲との出会いが楽しくて楽しくて、結構弾いていたので、娘のことが理解できる、というわけでもないんですよね。
違う生き物、違う人生、そう割り切って見つめています。

私も、ほんのちょっとだけトランペットを吹いていた時期があるんですよ!
その時に、吹奏楽器のよさや難しさに気づくと同時に、ピアノのよさ難しさにも気づいて、結局時間を割くならピアノに・・・という思いにいたりました。
娘にも、ピアノでしか得られない楽しさや満足感があるのかも・・・。

お金がかかるのが痛いですけど(笑)、でも、親子で共通の趣味がもてるというのは最高の幸せかもですね・・・♪

ina-kibiさんへ

ねこぴあの
2014.03.22 Sat 13:22

そうそう、同じ年ですよ~高校生になっても続けるつもりらしいですが、高校生で弾いている人ってうまいひとばかりでしょう・・・その中でいったいどうなることやらです(笑)
新しい曲との出会いが楽しくて楽しくて、わかります、わかりますとも・・・わたしも、娘ですが、まったく違う性格性質価値観の生き物だと思っています(笑)
娘のような習い事の形に、夫は苦情を言いますよ、やめさせろお金の無駄だって。
でもわたしは自分がピアノと先生が好きで、そのピアノと先生を好きだという娘を、どうしてもやめさせることができず、夫の反対を押し切って、ここまできました。
うちの娘は、大人になって趣味でやるなら吹奏楽ではなくてピアノだと言いきっていますよ。
そうなったら嬉しいなあと思いますが、はたしてその頃練習するのか?大変疑問です^^;
にしても・・・お母さんから怒られなかったですか?
うらやましいな~
わたしは親からも先生からもおこられていて褒められることがほぼなくて・・
もしも、せめて親から怒られなかったら・・という思いがあるので、ついつい娘には甘くなってしまうのかもしれません。

No title

huku-ume
2014.03.23 Sun 22:45

ねこぴあのさま、こんばんは~

お嬢さんのピアノのかかわり、いいと思います!
うちは、やめてしまいましたから(涙)
やっぱり、練習しないのにイライラした私が耐えれなくなり、
そんなに練習しないならやめちゃいなさいと。
うちの子はさほどピアノが好きではなかったようで、やめて半年以上
たちますが、ほとんど触りません・・・
せめて好きな曲は弾いてみるとかできたらよかったんですけど、
こればかりは本人の意思なので仕方がないですね。

先生と会うのが楽しい^^というのも立派な動機付けだと思います^^

huku-umeさんへ

ねこぴあの
2014.03.23 Sun 23:38

お子さん、やめてからまったく弾かないですか?
好きな曲だけでもいいから時々でも弾いてほしいと思ってしまいますよね。
でも、わたしのように、子供時代ピアノが特に好きじゃなくても、大人になってから埋まっていた種から芽がでることもあります。
先生と会いたい、だからやめないって、不思議に感じることがあります。
わたしはピアノの先生を、好きだと思ったこともありませんでした^^;
親からしたら、好きな大人がいることだけでも、嬉しいことです。
楽しんで続けてくれたらいいなあと思います^^