本番対策開始

次の本番は3月4日です。ピアノ好きのアマチュアばかりが集まるようなある意味マニアックな本番ではなく、ごくごく普通の、ホールでやる「発表会」です。自分の教室の発表会ではありません。ありがたいことに、先生をしている同級生から声をかけていただきました。わたしは実は、この、「自分の教室ではないごく普通の発表会」が一番緊張するのです。なぜって・・・・1、自分とこの発表会なら、仮にやらかしてしまっても先生が主催...

なんかもうとにかく難しい。ピアノってやつは。

ラデッキー行進曲

「ねこぴあのさんは合わせものがすきなんですか?」と、先日質問された。自分ではそういう意識がなかったのだけど、考えてみたら、子供の頃に歌を歌うのが好きで、とりわけ「真っ赤な秋」などを妹と低音部と高音部に分けて歌うのが大好きだったので、多分好きなんだろう。「カエルの歌」なんかもよく歌った。それはたぶん今のバッハ好きの原点なんじゃないかと思うんだけど、違うかなあ?今、ヨハンシュトラウス作曲のラデッキー行...

左手を聴く

仕事からへとへとで帰宅したけど、30分だけでもと、ピアノのふたを開けました。約5畳のピアノ部屋は、湿度管理のためか、いつでも同じ空気でわたしを出迎えてくれます。初めてこの部屋にグランドピアノが来た時の現実感のなさは、今でもはっきり覚えてるし、きっとこれからも忘れないでしょう。さて、今日もツェルニーの練習。まず弾きやすい速度で弾くと、四分音符84でした。その速度でも怪しいところがあるので部分練習している...

怒った後に

わたしはめったに人に怒らない。正確に言うと、実は時々は怒りに近い感情を抱く。でもそれを表面に出さない。小さなもやもやは、音楽で解消してしまう。でも、夕べは久しぶりに怒った。声を荒げた。怒った相手は夫だ。後味が悪かった。今日は仲良くしよう、夫婦は鏡、夫婦は鏡。そう思いながら帰った。たわいもないいつものテレビ。いつもの会話。「ごめんね」って言えなかったけどお互いさま。「ありがとう」と言えてよかった。...